デザインの4要素とその目的について

デザインにも色々あるが、こと「見た目のデザイン」という面で考えると重要な要素は4つしかない。

① レイアウト
② タイポグラフィ
③ 色
④ 写真・ロゴなどの造形

以上について一つずつルールを決めていくのがプロダクト作りにおけるデザインの役割ということになる。

そもそも何のためにデザインが必要なのかというと、情報の「提供主」と「見る側」のコミュニケーションをスムーズに行うためだ。

提供側には「こういうメッセージを伝えたい」「この機能はこうやって使って欲しい」という意図があり、それをいかに齟齬なく見る側に伝えることができるか。ここで誤解を生まずに、できれば喜びを与えることができればデザインする側としては最高の効果を引き出せる。

次に、各4要素についてもう少し考える。

まず「レイアウト」について。

レイアウトの役割は「全体の構成を決めること」にある。ウェブサイトの場合はページ遷移構成なども広義のレイアウトに含まれるとも言えるかもしれない。ちょっと違うか。
とにかく、一枚の枠組みの中で、「どこにタイトルを配置」「本文はどこ」「図や写真はどこ」というのを一つずつ決めていくことがレイアウトだ。見る側の誤解を生まないように、どんな人がそれを見るかを考えた上で最適なレイアウトを選択する必要がある。

次に「タイポグラフィ」について。

タイポグラフィとは要するに「文字の造形」である。現実的には、すでにたくさん存在する「フォント」から適切なものを選び、各レイアウト要素について最適なフォントサイズを決めていくことになる。
フォントはまたたくさん種類がある上に、どういうケースで何を使ったら良いのかが正直よくわからんので、また改めて考える。
フォントサイズについてもタイトル、サブタイトル、本文、キャプションとそれぞれでどのくらいだといい感じに見えるのかも考えたい。

三つ目は「色」について。

色は重要だ。だっさい色だとだっさいサイトになる。昨今のウェブサイトはどれもいい感じの配色でカッコよくデザインされているだけに、ここを間違えるだけでモッサいサイトになってしまいそう。
色については、かなり具体的な「色彩理論」なるものが存在するようなので、それについて掘り下げればある程度わかるようになりそう。

ぶっちゃけウェブ上の色なんて全部RGBのそれぞれ0から255までの数字が指定されているだけだから、有限数(256の3乗)しか存在しないわけだ。その中でケースに応じてどういった配色が効果的なのかが整理できればよさそう。

最後に「写真とロゴなどの造形」。

これについては、他の3要素と比べてはるかに奥行きがある領域だと思われるし、ソフトウェア製品においてそれほど決定的な要素でもないので、素材サイトとかデザイナーの方にしかるべきものをお支払いして用意する、というのが現実的。ただ「どんなケースにどういうものを使うとどんな効果がある」みたいなのは知っておいたほうがいいか。