月ごとに目標を立てる

今までの自分の取り組みを考えていて、今後はいわゆる能力的な部分をつけていく以上に、自分自身の中で蓄積していけるもの、人にシェアできるものを磨いていきたいという思いが出てきている。

それがこうやって考えていることを文章にしてみることにつながっているわけだが、単純に「どうやって取り組みを考えると自分的に楽しめるか」ということを鑑みて、月ごとに目標を立て、月の終わりに振り返るというのが一番よかったなあと思った。

自分には、やると決めたら中長期的(数ヶ月から数年)の計画を立てて、ここまでにこうしていたい、というようなチェックポイントを自前で設けようとする気質があって、とはいえそれを今まで明確に意識することはなく、毎日のように何をするか考えて、どうしようああしよう、と迷走する部分があったと思う。

そんな中、気づいたのだが、人間が何か取り組みをし、振り返るための単位として1ヶ月というのは素晴らしくちょうど良い。

1週間では何かを続けたとはいえないし、3ヶ月以上ともなると管理が難しい。その頃には忘れてしまっている可能性も高い。1年では長すぎる。あと、重要なポイントとして、「今月はアメリカにいる」「今月はジムに行けない」と言った特殊コンディションもだいたい1ヶ月程度の単位で訪れるのだ。渡米をきっかけにジムに行かなくなるなどの生活の変化が出てしまうと、目標に支障が出る可能性は結構ある。

だから、もちろん今年はどうしたい、という目標は考えるものの、実際には毎月ごとに「今月はどうしよう」「今月はどうだった」と計画と振り返りを重ねていくことが一番ちょうどいいなあ、と考えている。