データの視覚化

今後の個人的な取り組みについて、データの視覚化にもっとチャレンジしたい。統計とか。

そのためにはそもそもデータを集める必要があるので、そのノウハウや参照元リストを自分なりに作り上げていく必要がある。