俺にとって俺というエンジニアの採用コストがゼロ円なのちょっとすごい気がしてきた

最近サービスを作りたくて作るんだが、わりといい感じのやつが二日とか一週間でできてしまう。

俺はエンジニアなので、自分でコードを書く。つまり、いろんなプロトタイプを作るために必要なコストがゼロ円。これってすごくないか???

いつでも相談できるエンジニアが身近にいるような感じ。

俺「野添くん、ちょっと作ってみたいものがあるんだけどどうかなー。こんな感じなんだけど」

俺「面白いじゃないっすか!」

俺「じゃあちょっとやってみよう!」

というのがいつでもできる。24時間体制、ゼロ円、ゼロ距離、ゼロコミュニケーションコスト。変なこと言って嫌われることもない。

そして何よりすごいのが、「ちょっと作ってみたい野添さん」と「作ってみる野添さん」は同一人物であるがゆえに、サービスに対する興味・関心がドンピシャで合ってしまう。だからかなりの確率で「面白いじゃないっすか!」となる。

通常だったら俺のような人間をエンジニアとして引き入れるのは相当に大変だと思う。
まず何をしたいのかを伝えないといけないし、伝えた上で「こういうところが有意義でエキサイティングなんだ!」という共感を得ないといけない。

その上でプロダクトについて「細かい指示されたくない」というワガママな技術者の性質を理解しつつ、出戻りがないように的確にコミュニケーションを行わないといけない。

しかも頼むからには当然お金を払わないといけなくて、フロントからサーバサイドまで全部書きたい人とかそんなにいないだけにそれなりに値も張るし、何より取り組む対象を飽きられたら終わり。

さらに、仮に完成したとしてもそれが実際に使われるまでどれだけのハードルを越えていかないといけないんだという。。。

というわけで独善的だが、自分で手を動かせるのはやはり素晴らしい。

正直、米国で大成功したテック系の創業者がほとんどエンジニア出身なの、ここら辺に理由があるんじゃないかという気がしてならない。
日本だってグローバルに大成功した製造業は技術畑出身の創業者が圧倒的に多い。ホンダとか松下とか

何より、試せるトライアンドエラーの数が圧倒的に違う。

ピカソがあれだけすごい画家になれたのは自分で絵を描けたからだ。
「すごいアイデアあるんで描いてくれる人探してます」とかだとかなりキツかっただろうなー。当たり前か。

ピカソは生涯で5万とも10万とも言われる数の作品を残したらしい。人生80年がおよそ3万日であることを考えれば、これがいかに驚異的なことがわかる。
http://gigazine.net/news/20160323-battle-for-picasso/

極端な話、プロダクト作りってそういった活動に近いんじゃないかと俺は思っている。少し違うけど。
でも、同じ課題を解決するにも何万通りのアプローチがあって、それをどういうプロセスで実現していくかというのはそんなに単純じゃない。仮に最終的な成果物が驚くほど単純であったとしても。そして、最終的に素晴らしいプロダクトかどうかを決めるのはユーザー。

これは絵を描くことに似ている。伝えたいメッセージやイメージのようなものがあって、それを表現する方法はそれこそ無限のようにあるんだけど、その中でこれがベストだというものを表現する。そして、見る人がそれを評価する。

違うのは、ソフトウェアプロダクトは工業製品なので「合理性」という共通の価値がユーザー、作り手ともに共有できる点だろう。

だけど、それを作るための詳細が無限にあって、その中でベストなものを半ば手探りで決めないといけないという点がとても似ている。

文章を書くことについてもっと真剣に考えたほうがいいと思った

最近、インターネット・サービスを作って提供したいと思っている。

実際にいくつか作って公開もしてみた。どれもプロトタイプレベルのものだけど。

しかし、これから継続して運用して、収益を生むほどのものに育て上げるためにはいろいろな要素が足りないなあと考えるに至った。

プロダクトを作ってユーザーに提供するには、プロダクトそのものがユーザーとの最大のコミュニケーション・インターフェースになる。

だが、本質的な意味でいうとプロダクト自体には集客能力はない。ソフトウェア・プロダクト自体はあくまでもソフトウェア、すなわちロジックを積み上げた工業製品に過ぎない。それに意味を与えるのは人であり、広めるのも人。あるいはメディアだったりするが、つまり「プロダクト周辺にある何か」が鍵になっていく。

そして、その具体的な媒体・通信プロトコルとしては実は「言葉」「写真または動画」のどちらかしかないということに気づいた。

ウェブ・マーケティングの中心手段であるSEOだって、結局のところ鍵となるのは文章であり、言葉だ。だからみんなせっせとキュレーション・メディアとかオーンドメディアとか言って山のように記事を作っているんだろう。

SEOは言うなれば検索エンジンという媒体に対するコミュニケーションだ。まず、Googleに評価してもらうことがプロダクトを見つけてもらうための周辺環境整備にとてもプラスになるのは当然だ。それにいい悪いもない。

まあしかし、考えてみればインターネットサービスにおいて文章が鍵になるというのは当たり前だ。そもそもインターネット自体が元々は文章(ドキュメント)をやり取りするための手段なのだ。それにプラスして、動画や写真、音声などもやり取りされるが、そういうものである以上、それらにどれだけ長けているかがサービスを提供する上で鍵となることは間違いない。

そして、当然だが、潜在ユーザーとのやり取りにおいても、言葉をいかに扱えるかというのはものすごく肝になる。そうでなければOGPで可愛い女の子を配置するみたいな苦肉の策しか使えないはずで、だけど理想的には言葉でもって「これはどういうことをするプロダクトで、どういう人にとって有用だからあなたは絶対に使うべき」と言うことを明確に伝えるのが一番なんじゃないか。

ということで、もっと文章を書くということについても真剣に取り組んでいけたらなあと思った。

マーク・ザッカーバーグが語る「未来の作り方」

姿勢がいい。

多くの人がまだやりたいことが何なのか決まっていないままに会社を始めるが、僕はそれでは逆だと思う。

ザックは「実現したいことをやるための手段がスタートアップ」「起業が目的じゃダメでしょ」タイプの人のよう。

とりあえず試してみて、実際にそれが役に立つことがわかるまでは会社を作らない方がいい。Facebookがデラウェアに会社として登記されたのは、ピーターシールが投資した時だから初めて半年くらい経ってからだと思う。

トランスクリプトなどはこちら
http://themacro.com/articles/2016/08/mark-zuckerberg-future-interview/

イーロンマスクが語る「未来の作り方」

必ずしも世界を変える必要はない。それがちょっとしたゲームだろうと写真の共有サービスであろうと何であろうと、少しでも社会にとって良いことをするのが重要。

多くの人が僕はメディアへの露出に時間を使っていると思っているが、実際には80%はエンジニアリングとデザインに使っている。

狂ったようなアイデアの実現に向かうことについて、自分としてはすごく恐怖を感じていると思っている。ただ、いくら怖くてもやらずにはいられないほど重要だと信じることが時々できてしまうだけなんだ。

https://www.ycombinator.com/future/elon/

新しいMacBookで最初にすること(環境構築)

1. Install Xcode
2. Install Homebrew
3. Install rbenv, ruby and rails

CONFIGURE_OPTS="--disable-install-rdoc" rbenv install 2.3.1
rbenv global 2.3.1
gem install rails --no-ri --no-rdoc

4. Install nodebrew and node

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> .bash_profile
source .bash_profile
nodebrew install-binary stable ; nodebrew use stable

Tips:
http://qiita.com/yokozawa/items/937375aab0dd6d6ff334
http://stackoverflow.com/questions/11598655/therubyracer-install-error
http://stackoverflow.com/questions/19673714/error-installing-libv8-error-failed-to-build-gem-native-extension

長い時間がかかるRakeタスクのCPU上の優先順位を下げる

参考:http://dev.mensfeld.pl/2014/09/ruby-rails-making-sure-rake-task-wont-slow-the-site-down/

Rake タスクで長い時間がかかる仕事をさせていたらEC2インスタンスがフリーズしてしまった。
上記サイトによれば、niceコマンドを用いることでCPU上の優先順位を下げられるらしい。

RAILS_ENV=staging nohup nice -n 19 bin/rake db:migrate:reset company:fetch company:profile:fetch annual_report:fetch < ~/nohup.in > ~/out.log &

Railsのrakeタスクをバックグラウンド実行し、ログアウトしても終了させない方法

デーモン化する方法とか調べてたけどこれが結局一番簡単だった。


$ touch nohup.in

$ nohup bin/rake task:name < nohup.in > out.log &

nohupはデフォルトだと標準入力を/dev/nullにするらしいが、それだとSpringがすごいエラーを吐いて止まらなくなったので空のファイルをつけておいた。

今年が終わるまでの目標について

早いもので、2016年ももう9月になろうとしている。

今年も7月くらいまでは、あまりストイックにというよりはできるだけ色んな場所に行き、ルールを定めず、あれやってこれやってというような過ごし方をしてきたと思う。

ただ、ここにきてやりたいことがかなり具体的になってきた思いがあって、改めて自分の本分である「目標を追う」ことに向き合い直したいと思った。

# 体づくり

ウエイトを中心に、週2回を続ける。数値としては年末時点で

  • スクワット100kg
  • デッドリフト80kg
  • ベンチプレス80kg
  • 懸垂20回

重要なのはタイミングよくトレーニングをこなしていくことと、しっかりタンパク質を摂ることだろう。

他にもランニングやヨガしてみたいとかあるが、今年は運動にそれほど時間を費やさないようにしておく。

# 英語学習

英語はこの2年、自分以外皆外国人という中で働くことでかなり使えるようになってきた。日常会話、仕事での会話ともにそれほどの支障はない。とはいえ、やはりまだうまく説明できなかったり、話をスルーしてしまったりということはあるので、残り4が月でさらに一気に上げていきたい。

具体的な手段としてはSpring BoardのUXコースを受講しているので、この教材を読み込む(聴き込む)というのが一石二鳥でいいと思う。

# プロダクト作り

本業はもちろん真剣にやるが、それ以外にも個人でのプロダクト作りに時間が許す限り取り組みたい。

StockBase: 上場企業の業績によるランキング・集計・スクリーニング

基本的にはこれを中心に進めていって、ある程度見たり使ってもらえるようなところまで持っていきたい。

提供する価値としては2つあると思う。

  1. 日本経済の現状・変化が俯瞰できるような情報の集計や抽出
  2. 個人投資家などが企業を探す際に、実際にスクリーニングしたり情報収集するためのツール

また、とても重要になるのがソースとなる情報の管理。

情報を無限に利用することはできないので、利用するものをきっちり定義して、インタフェースを計画的に整理していく必要がある。具体的には、企業の最新情報とヒストリカルなデータは分ける、など。

そして、プロダクトの機能的な側面として重視したいのが、企業のスクリーニングや比較機能。スクリーニングにはフィルタを用いるが、情報が多いのでいかにシンプルに見せるかを今後考えていく必要がある。また、企業間・業種間・業界間など横軸での比較も大切なので、そのためのUIをわかりやすく整理する。

実際にどれだけの人が見てくれるかというのも大切にしたい。最初はSEOを中心に、ある程度の流入が毎日あるという状態を作る必要がある。その上でクオリティが高い機能を提供できれば、自然と訪問者は増えていくはず。

RisingList: スタートアップの事例を整理。ジャンルや投資家、創業時期など。

これは自分のための勉強という側面が強い。スタートアップに勤めているのにあまり業界の事情に詳しくないと感じているので、これを作っていく中で自分も学びたい。事例研究に使えるようなサービスにしたい。

あとは、世界の統計や指標に特化したデータ視覚化サイトなども作りたいとか色々あるが、とりあえずはあまり広げすぎずに上記2つに絞りたいと思う。